ブログ

Live Painting!

瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島でもたくさんの方がお越しになっているようですね。
小豆島町にはたくさんの作品があってそれぞれの活動が凄く楽しそうです。

そして小豆島町の坂手港のフェリー待合所の壁面に描かれた

20130412 1
この絵。
小豆島縁起絵巻 ヤノベケンジ氏(絵師:岡村美紀)
実物を見るとその迫力に思わず「すげえ!」と言ってしまいます。

瀬戸芸が始まる前にこの絵を描いている人がいたので世間話してみた。

20130412 3
何を隠そうこの方こそが絵師の岡村美紀さん
完成間近のこの時は、すこしやさぐれ気味だったのは内緒(笑)

色々話していると京都造形芸術大学の学生さん(当時)でこの壁画をひたすら描きまくったという。
絵心の無い私に取っては「すごい!」という言葉しか出てこない。

20130412 2
中でもこのオリーブの木の絵
私、「めちゃくちゃかっこいいやん!!」と感動。

それから何度か岡村さんとお会いしているうちに思い切って「店で絵描いて!」とお願いした所
「いいっすよ!」とさっくり快諾!

20130412 4

現在のイズライフ店内の様子。
絵を描くにはぴったりの白い壁・・・

ということで岡村さんの提案もあり4月19日(金曜日)より2〜3日間、イズライフの営業を行いながら彼女が絵を描くという

「Live painting」を行います。

当然、閲覧は無料。
どんな絵がどのようにして描かれて行くのか是非是非覗きに来て下さいませ。

私も対抗して店のどこかに絵描こうかな・・・

2013-04-12 | お知らせNo Comments » 

 

Creator In Residence

春の瀬戸内国際芸術祭2013真っ最中の小豆島。
その一つCreator In Residence「ei」ではじめの10日間滞在してた

蓮沼 執太氏(作曲家)、後藤 武治氏(写真家)、作本 潤哉氏(ディレクター)の3名のクリエイター方。

現在、小豆島の坂手港にあるeiの1階展示場で、その滞在中の軌跡を展示してあるというので見学に行って来た。

hasunuma1
黒板に書かれた3名の名前。

hasunuma3
後藤さんが撮影されたであろう3名の写真(かっこいい!)

hasunuma2
滞在中に島の方達との交流で出来上がった楽器や写真等が展示されています。

と、その中には

hasunuma4

出ました!イズライフの店舗でも取り扱いさせて頂いている真砂喜之助製麺所さんの素麺たちも展示。

アニキさすが。

hasunuma5
と、言いつつグリーンレモンオリーブオイルちゃんもしっかりと展示して頂いてます。

実は3月に知人の紹介で「レモン畑に見学したい!」と3名がおっしゃったのがキッカケ。
むさ苦しい男4人でレモンのもぎたての香りに包まれた時間は至福の時でした(笑)

そしてその時の様子を

hasunuma6
後藤さん撮影して下さり、かっこ良く貼付け。

「おお!めっちゃかっこいいやん!!」と感動していた私。
ふと目線を変えると思わず2度見・・・

hasunuma7
「でかっ!!!」

左のドアを見て頂くとわかりますが、かなりでかく引き延ばされた私のレモン狩り写真が貼られている!!
ただでさえ顔でかい私、そのデカさに驚き、またこの展示に選択してくれた嬉しさに感動。

蓮沼さん、後藤さん、作本さん、本当に良い時間とご縁をありがとうございます!

小豆島、まった来ってねー!!

坂手港ではすっかりレモンな人な私です(笑)

2013-04-05 | 小豆島No Comments » 

 

せとうちに暮らし始めて丸8年が過ぎる。

私が小豆島に来て間もなく8年が過ぎようとしている。
9年めを迎えるせとうちでの暮らし。

2月のイズライフ、プレオープン後のある雨の日。
店先に自転車を止め、カメラにメモリーカードを入れるのを忘れた女性が一人ご来店。

その方はなんとあの
SONY DSC

せとうち暮らし」の編集長さんでした。

私は全く気づかずに話をしていたのですが、勤務中の女性スタッフがその方と気付き色々お話ししているうちに

「次回のせとうち暮らしでニューオープンのご紹介させて下さい!」ということに。

小豆島に住んでる人ならほとんど読んだ事があるであろうせとうち暮らしに掲載頂くなんて恐悦至極!
と良いながら速攻で「宜しく御願いします!!」とお答えしました。

その記事が

SONY DSC

こちら。

編集長、グリーンレモンオリーブオイルちゃんも購入頂き、おススメとして掲載して頂きました。
私と出来る女性スタッフも掲載。

ようやくせとうちの、小豆島の仲間として迎え入れられた気がします。

尚、このVol.10には弊店でもお世話になっている槙塚さんや、同じオリーブオイルソムリエで醤油ソムリエールとしても大活躍中の方が書いた醤油日記など多数おもしろい記事が掲載されています。

小豆島の大手書店では売り切れるほどの人気雑誌。書店へ急ぐべし!

 

2013-03-22 | 小豆島No Comments » 

 

3月15日はオリーブの日!

3月15日(大安)
オリーブの日

昭和天皇が小豆島にオリーブを御手植えされたとして制定された本日。
イズライフも1ヶ月に及ぶプレオープンから本格オープン致しました。

open

朝からたくさんお花が届いており、ほんと日頃から皆さんに支えられているのだと実感。
ここまで多くの方々にお世話になりまくって本日を迎える事が出来ました。

オープン記念として先着50名様に「ちほちゃん特製オリーブクッキー」をプレゼント!
小豆島産エキストラバージンオリーブオイルちゃんも残りが少なくなって来ております。

皆様是非おいでくださいませ。

 

2013-03-15 | お知らせNo Comments » 

 

バシバシ剪定。

少し前の3月9日(サンキューの日)土曜日。
宮崎県、大分県、岡山県、愛知県より、猛者が小豆島イズライフオリーブちゃん農園に集結!

日本オリーブオイルソムリエ協会主催の「オリーブ剪定ツアー」にご参加頂きました。

初めに私が剪定の簡単なポイントをお教えして(カミカミでしたが)
レッツ剪定!!

SONY DSC
どの枝を切れば良いかミーティングして

SONY DSC
バシッと剪定!!

SONY DSC
バシバシっと剪定!!

SONY DSC
バシバシバシっと剪定!!!

バシバシバシ。。。しつこいか。

春の陽気で杉花粉が飛びまくる中、みなさん一心不乱に剪定作業。

SONY DSC
小さなおこちゃまも切った枝を運ぶお手伝い。
この子、後で行ったイズライフの店舗でオイルちゃんの香り方がめちゃくちゃさまになっていたという神童。
母親のスパルタ教育の賜物か?(笑)

SONY DSC

最後に皆さんで記念撮影!

「切ったどー!!」と言わんばかりの皆さんの笑顔。

このツアーはオリーブオイルソムリエ協会限定のツアーという事だけあって皆さんオリーブに対する興味と情熱は凄く高いものでした。
「普段オリーブオイルにはたくさん触れるけど、これだけたくさんのオリーブに触れたり切ったりする事はないので嬉しいです。」とのお言葉も。

こうして皆さんに喜んでもらえて嬉しいですね。

私はこのシーズン剪定しすぎてオリーブの枝見るのもウンザ、、、いえ、嬉しくて仕方ないんですがね(笑)

 

 

2013-03-13 | オリーブ畑No Comments » 

 

本日の閉店時間について

本日3月12日 イズライフ店舗の営業時間についてオリーブ植え付け作業の為「16時まで」とさせて頂きます。

ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。

2013-03-12 | お知らせNo Comments » 

 

バス、小豆島に来て一度も乗った事が無い。。。

店番をしていると目の前に通る車をよく見る。
知り合いが「にたり」と笑いながら通る姿を何度見た事だろう。。。

オリーブ通り(大阪で言うと御堂筋)という通りにあるイズライフ。
ちょうど店前に「合同庁舎前」というバス停があるのだが、ほとんどバスの姿を見た事がなかったので時刻表を見に行ってみると、、、

20130308
驚異的な本数!!
そりゃあまり見る事がないはずだわ。。。

と、この写真をTwitterやFacebookで公開して数分後、まるで私の投稿を見ていたかの様に
2人組の男女がバス停でごそごそ

20130308 3

3月20日から始まる瀬戸内国際芸術祭にあわせてバス本数の大幅増便!!
これは有り難い事です。
「土庄港平和の群像前」とは小豆島の土庄(とのしょう)港行きということです。

20130308 4

初めのバスの時刻表と合わせて掲示されてあるという事は、8本純増ということでしょうね。
ま、それでも1時間に1本ですが。。。

もしこちらで降りてバス乗り遅れた方がいらっしゃれば先着2名ですが20130308 2

店先に置いてあるこちらのベンチでごゆるりして下さいませ。

それにしても、私が小豆島にきてから8年が過ぎようとしているのですが、こっちでバス乗った事が無い。。。
可愛い女性がたくさん乗ったバスを見ると乗ってしまいそうだ。

 

2013-03-08 | 小豆島No Comments » 

 

イベント参加のお知らせ

実は。。。3月31日に

いつもうちのグリーンレモンオリーブオイルちゃんを可愛がって頂いている
「ALICE IN TAKAMATSU」さんのイベントでワタクシ、オリーブについて語る機会を頂きました。
※ALICE IN TAKAMATSUさんについて少し触れさせて頂いた引っ越し前のブログ記事

料理長の上田シェフはうちのオイルちゃんが搾油されている時にもわざわざ小豆島までお越し頂き見学頂きました。

オリーブオイルについてや、普段のオリーブ栽培についてお話しさせて頂く予定です。
緊張せずに普段通り話が出来ればと思います。

さすがに作業着では行けないな。。。

詳細については
http://www.maripla.jp/article.php/2013021615560288

 

皆様のお越しをお待ち致しております。

IMG_0822

 

2013-03-02 | お知らせNo Comments » 

 

「間違い探しか!」と言われる。

オリーブ通りに面するオリーブオイル専門店がうちのイズライフ。
その横が花屋さんで更にその横が皮製品加工屋さんと何度か紹介しました。

花屋さんにはお菓子のやり取り等活発に交流しているが、皮屋さんとはなかなか会えない。

ということでお近づきの印に

SONY DSC
この無機質なステンレスドアノブを

SONY DSC
こんな感じに加工して頂きました。

ちょっと松崎しげるっぽくてわかりにくいので

SONY DSC
アップで撮影。

ステッチが素敵な本革ドアノブの出来上がり!
その出来上がりがめっちゃくちゃかっこ良い。

これからどれだけの方にこのドアノブに触れて頂くのだろう。。。
良い味出ておくれ。

そしてこのドアノブの取り付けを完了した朝、この微妙な店内の変化に気付いたうちの優秀なスタッフが一言。

 

「間違い探しか!」

 

うむ、そのツッコミ 気に入った。

2013-02-28 | 日々のことNo Comments » 

 

「自慢」と「伝える」の塩梅の難しさ

昨日、小豆島で日本オリーブオイルソムリエ協会の多田理事長が講演されるというので行ってまいりました。

演題は「オリーブオイルの現状と上手な見分け方」
日頃オリーブオイルに触れる私にとって確認と新たな発見ができる非常に良い講演でした。

その中で「良いオリーブオイルの見分け方」について理事長くつかのポイントを上げてらっしゃいました。
「採れる国、生産者が見えるか、等で判断材料にする。そういう意味では小豆島は本当にオイルを選ぶのに恵まれた環境にある!」と。

更に私が衝撃受けたポイントが「オリーブオイルのコンテストで受賞している」という点でした。

コンテストなので順位付けされるのは当たり前でその判断基準は風味はもちろんの事、受賞するオリーブオイルは間違いなく本物の「エキストラバージンオリーブオイル」であるという事。

実は(もうご存知の方もたくさんいらっしゃいますが)うちのオイルちゃん達もいくつか昨年コンテストで賞を取らせて頂きました。

賞を取らして頂いた時期には何度かお知らせ致しましたが私、基本的に「どや!どや!」言うのが嫌なのでひっそりとお伝えする程度で止めておきましたが、昨日の講演を聞き「賞を取ったということは品質の証明になりお客様が手に取る大きな判断基準になる」という事に気がつかされました。

という事で改めて昨シーズンまでの受賞履歴をこちらでご紹介させて頂きます。

行き過ぎると「自慢」。
でも情報提供しないと「伝わらない」。

あんばい難しいな。。。。

 

※ちなみに「これはあかんやろ!」というエキストラバージンオリーブオイルの例を一つ。
透明のペットボトルに入ったエキストラバージンオリーブオイル。

これは空気にも触れるし、光にも当たりまくりですからね。
一度知人に島の某会社のオイル(海外産ペットボトル入り)をテイスティングしてみてと言われたので試したのですが

すぐ吐き出した。。。

こういうオイルを平気で販売するの、ある意味すごい(大人の発言)

 

 

9 / 10« 先頭...678910