小豆島

ガンバレ!小豆島中央高校野球部!!

小豆島中央高校 この春、小豆島に2校あった高校(小豆島高校と土庄高校)が合併してできた小豆島で唯一の高校。

実はうちの長男、第1期生としてこの春から新入生としてお世話になっております。

そんな小豆島中央高校(略して島高)の熱い戦いがいよいよ来週7月12日に県大会初戦が始まります。

IMG_1289
はい、野球部ですね。
イズライフの店先に応援ポスターを掲示させていただきました。

IMG_1290

島高の野球部の子たちは長男の同級生はもちろん、次男が小学校時代に野球の楽しさを教えてくれた子、近所の子、私の顔見ると「喉乾いた!」とソフトかつあげ(笑)してくる子が所属する親しみ深いおらが島の野球チームです。

一生懸命プレイしてまた小豆島の人たちを甲子園に連れて行ってくださいね。

イズライフは小豆島中央高校野球部を応援しています。

2017-07-05 | 小豆島No Comments » 

 

果たして実がなるのか・・・

この春に新しくオリーブを植えた園地。
小さな苗を200本ほど植えたのですが、パッと見渡すとイタドリが伸び放題で「イタドリ畑?」と見間違えそうです。

そんなイタドリを刈り取った畑は船が往来する海が見えるなかなか眺めの良い場所にあります。
Processed with MOLDIV

オリーブとオリーブの樹間を広めに取っているので「そのスペースを何か活用できないかな?」ということで実験的にある農作物のタネを蒔きました。

Processed with MOLDIV
タネをまいて数日後(5月23日)、見事に芽が出てきました。
やはり新しい芽がでるのは嬉しいですね。
小学校時代の朝顔の研究を思い出します。

IMG_0821
5月27日 
おお!順調に大きくなっている!
これは期待していいかも!

IMG_0893
6月1日
???? 
目を疑いました。
確かにそこで伸びていたはずの芽がいなくなってる。。。

可能性としてはネキリムシか野鳥か野うさぎか。

Processed with MOLDIV
6月5日
本来ならこれぐらい大きくなった植物が種を蒔いた箇所に広がっているはずだったのに。。。

6月12日

また伸びた芽がほぼ行方不明に・・・
もう写真撮る気もなくなりました。

農業って難しいです。

2017-06-13 | 小豆島No Comments » 

 

レモン一歩リード

オリーブ畑から車で少し言った場所にある小豆島レモン畑。
除草剤や殺虫剤など一切使用しない畑です。

なので下草が伸び放題。。。
足元しっかり確認しないとマムシ(小豆島ではハメと呼ぶ)に噛まれる可能性あるのでスリリングです。

そんな草伸びまくりのレモン畑では
IMG_0699
レモンの花が満開を迎えつつも

Processed with MOLDIV
着果したてのレモン果実の姿もちらほらと。
小さい時からレモンの形しています。

5月30日にオリーブの花の開花宣言したのですが、レモンは少しそれより成長が早いです。
マラソンに例えると「レモンが一歩リード!」と言ったところですね。

先日行われた「小豆島オリーブマラソン」ではイチゴ農家の友人がイチゴの被り物して走っていました。
私もいつかレモンかオリーブの被り物して・・・

走らないです。

2017-06-03 | 小豆島No Comments » 

 

開花しました(オリーブではありませんが)

昨日、朝の畑を見回っていると。。。

7EC1CADA-4619-496F-A5A4-F2E030210BAD

一輪、見事に花が咲いていました。

これ、レモンの花です。

このレモンがイズライフのグリーンレモンオリーブオイルを作るのに欠かせない作物なのです。

昨シーズンは凶作でレモン果実としてほとんど出荷ができずでした。。。
今年は無事にたくさん果実が成ってくれることを祈るばかりです。

2017-05-17 | 小豆島No Comments » 

 

改めて小豆島って「いいね!」

瀬戸芸2013夏会期真っ最中な小豆島。
今日も県外ナンバーの車がたくさん。盛り上がってますねー。

その一つとして小豆島町の「醤の郷+坂手港プロジェクト 079 Creator in Residence [ei]」は地元の方々と10組の様々なクリエイターの方々が交流し既存の小豆島を改めて掘り下げていく凄く楽しくて面白い内容。(コンセプトあってる?)

つい先日まで滞在されていた05期のovaqe の面々が完成させた内容を坂手港のei galleryで展示中。

ei2
ovaqeのチャッキーさん(鼠小僧ヴァージョン)も見守るその展示の様子。

小豆島に住む方々の思い出の場所やお気に入りの場所を聞き、実際に足を運んでその場所を見事に形にされています。
中には

ei3
おなじみ真砂喜之助製麺所の真砂アニキや

ei4
ポン真鍋こと小豆島の風雲児 真鍋邦大氏

他にも小豆島町長や醤油ソムリエールの女性や漁師の方、学校の教頭先生、高校生等々バラエティ豊かな方々の思い出の場所、お気に入りの場所等が。
島に住んでる私も知らない場所があって、さらにその人々のドラマが記されており思わず涙しそうになる内容。

ei5
トミーとトミー

インターンで来ていたトミーちゃんもうちの次男トミーを可愛がって頂きました(笑)
そんなovaqeとメガネと、とトミーちゃんの作ったサイトがこちら(MILE-POST)
ガイドブックには載っていない、だけど小豆島がギュッと濃縮されその人その人には欠かせない場所が紹介されている。
※制作過程を記したTumblrも必見(実際、私声だしてワロタ)

こうして改めて島外の、優れたクリエイターさん達の目線で掘り下げて小豆島を見てみると小豆島
「いいね!」と思わずにいられない。

いや、「えいわー!」やな。

2013-08-13 | 小豆島No Comments » 

 

モデルデビュー?

7月19日 暑い。
明日は7月20日 瀬戸内国際芸術祭2013 夏会期始まります。
春会期もたくさん見所ありましたが、今回の夏会期さらにパワーアップしてる感あり〼

小豆島でも作品がたくさんありますが、私のお気に入りは「カタチラボ

SONY DSC
小豆島町の馬木地区にある山吉亭を入るとそこには「おお!」と思わず声を上げたくなる展示物が

大阪のgrafさんが中心となって作り上げられている展示は小豆島の良さを改めて発掘して下さっています。

そしてそのカタチラボの夏会期に
SONY DSC
私、「レモンの人」としてモデルデビュー(笑)
いや、正確に言うとレモンちゃんが主役です。レモンちゃんがモデルです。

他にいつもお世話になる御塩の蒲ちゃん夫妻や真砂喜之助製麺所の真砂アニキもいます。
みなさん、かっこいい!カメラマンさんの腕の良さがわかる(笑)

カタチラボには他にも小豆島に関連づけた展示品がたくさんあって
「なるほど!知らんかった!」と島の人も唸る小豆島が展示されています。

SONY DSC
grafの方、私に気を利かせて(笑)うちのオリーブちゃんも展示してくれました。

20日から始まる夏会期、ほんと楽しみです!
かき氷が食べたい気分であります。

 

 

2013-07-19 | 小豆島No Comments » 

 

レモン実食!

6月22日 小豆島は恵みの雨の後の曇り空。
降り続いた雨は十分に潤いを与えているようです。

今日はレモン畑に。
SONY DSC
今現在のレモンちゃん。
はっきりとレモンの形になっています。

ちなみに
SONY DSC
こちらは小豆島で多く栽培されている「スイートスプリング」という柑橘。
これもそのまま大きくなって行くので結実初期の段階である程度形が決まっていくようです。

レモンちゃん、大きさにして

SONY DSC
今これぐらい。ドングリぐらいかな?
決して私の手がデカい訳ではないです。

SONY DSC
「このレモンちゃん、今中身はどうなっているのだろう?」と気になったので
心を鬼にしてカット!

SONY DSC
今、こんな感じの断面。
さらに味見をしてみたのですが

苦い。。。
酸味は全く感じず、皮の苦みがギュッと凝縮されているような苦みでした。
オリーブちゃんもですが、うちにとってレモンちゃんも重要な存在。
秋から冬にかけての収穫に向け、立派なレモンちゃんに育っておくれよー。
2013-06-22 | 小豆島No Comments » 

 

オリーブの絵

先週の金曜日から3日間、イズライフで行った
お店を営業しながら絵を描いてもらい、その様子を見て頂く「Live Painting

ついに本日完成致しました!!

20130422 1
その初日の様子。

なんだか絵文字の(-_-)のような顔に見える店内。

そして絵師岡村美紀さんが入り、イメージするオリーブの木の写真を渡すや否や

20130422 2
早速描き始めました。

思ったよりさっくり描き始める彼女に男気を感じたのはここだけの話(笑)

あれよあれよと描き進めていく岡村さん

20130422 3
ここまで約2時間。

私、この時点で鳥肌立ってました(感動で)

20130422 4
1日目終了時点の絵。

もうここで終わっても良いぐらいのクオリティ・・・

20130422 5
2日目

どんどんオリーブの葉っぱが描かれていきます。
若干飽き気味だった岡村さん(笑)

20130422 6
2日目終了時点の絵。

ここから何をどう付け足すのか、絵心の無い私にはさっぱりわからん程の完成度。

20130422 7
そして3日目。

もうほぼ完成!というところで所用により終了。
あとは細かな修正と片付けだけですが、急遽延長することに。

嫌な顔一つせず「明日も来ますよ!」と言って頂けるあたり作品への本気度を感じる。

20130422 8
延長戦の4日目。

この日は岡村さんが通われていた京都造形芸術大学の椿学科長とそのゼミの生徒さん達が急遽イズライフまで訪問下さりました。
岡村さんも在学時代は椿学科長のゼミで勉強していたそうで、先生と後輩さんたちに囲まれた岡村さん、すごく良い顔されていました。

そしてついに本日
SONY DSC
岡村さんの描いたオリーブの壁画が完成!

うちの小豆島産エキストラバージンオリーブオイルちゃんやグリーンレモンオリーブオイルちゃんたちと一緒に記念撮影に応じてくれた岡村さん。

4月から小豆島に引っ越ししてきて、小豆島に根を下ろしその活動をされ続けていかれます。

「デッサンや絵画教室を開いて子供達に絵を教えたい。そして小豆島から芸術家や絵描きさんがたくさん生まれてくれたら嬉しい。」
と話してくれた岡村さん。
若いながら凄くしっかりした考えをお持ちの方でただただ尊敬します。

そんな彼女の作品を鑑賞しにお気軽に店までお立ち寄り下さい(もちろん無料です)

あと、少し遊び心で「ハートのオリーブ葉」もこの絵に1枚描かれています。

20130422 10
早速、学校帰りのうちの息子達もハートオリーブを必死に探してます。

子供のほうが見つけるの早いのは純粋だからなのか?(笑)

おかげさまで3日とちょっとの間、たくさんの方にこのLive Paintingを見て頂きました。
本当にありがとうございました。

そして風が吹けば枝や葉っぱがそよめく様な生き生きとした、そして力強いオリーブの樹を描いてくれた岡村 美紀さんに心からの感謝を申し上げます。

本当にありがとーーーーー!!

2013-04-22 | 小豆島No Comments » 

 

Creator In Residence

春の瀬戸内国際芸術祭2013真っ最中の小豆島。
その一つCreator In Residence「ei」ではじめの10日間滞在してた

蓮沼 執太氏(作曲家)、後藤 武治氏(写真家)、作本 潤哉氏(ディレクター)の3名のクリエイター方。

現在、小豆島の坂手港にあるeiの1階展示場で、その滞在中の軌跡を展示してあるというので見学に行って来た。

hasunuma1
黒板に書かれた3名の名前。

hasunuma3
後藤さんが撮影されたであろう3名の写真(かっこいい!)

hasunuma2
滞在中に島の方達との交流で出来上がった楽器や写真等が展示されています。

と、その中には

hasunuma4

出ました!イズライフの店舗でも取り扱いさせて頂いている真砂喜之助製麺所さんの素麺たちも展示。

アニキさすが。

hasunuma5
と、言いつつグリーンレモンオリーブオイルちゃんもしっかりと展示して頂いてます。

実は3月に知人の紹介で「レモン畑に見学したい!」と3名がおっしゃったのがキッカケ。
むさ苦しい男4人でレモンのもぎたての香りに包まれた時間は至福の時でした(笑)

そしてその時の様子を

hasunuma6
後藤さん撮影して下さり、かっこ良く貼付け。

「おお!めっちゃかっこいいやん!!」と感動していた私。
ふと目線を変えると思わず2度見・・・

hasunuma7
「でかっ!!!」

左のドアを見て頂くとわかりますが、かなりでかく引き延ばされた私のレモン狩り写真が貼られている!!
ただでさえ顔でかい私、そのデカさに驚き、またこの展示に選択してくれた嬉しさに感動。

蓮沼さん、後藤さん、作本さん、本当に良い時間とご縁をありがとうございます!

小豆島、まった来ってねー!!

坂手港ではすっかりレモンな人な私です(笑)

2013-04-05 | 小豆島No Comments » 

 

せとうちに暮らし始めて丸8年が過ぎる。

私が小豆島に来て間もなく8年が過ぎようとしている。
9年めを迎えるせとうちでの暮らし。

2月のイズライフ、プレオープン後のある雨の日。
店先に自転車を止め、カメラにメモリーカードを入れるのを忘れた女性が一人ご来店。

その方はなんとあの
SONY DSC

せとうち暮らし」の編集長さんでした。

私は全く気づかずに話をしていたのですが、勤務中の女性スタッフがその方と気付き色々お話ししているうちに

「次回のせとうち暮らしでニューオープンのご紹介させて下さい!」ということに。

小豆島に住んでる人ならほとんど読んだ事があるであろうせとうち暮らしに掲載頂くなんて恐悦至極!
と良いながら速攻で「宜しく御願いします!!」とお答えしました。

その記事が

SONY DSC

こちら。

編集長、グリーンレモンオリーブオイルちゃんも購入頂き、おススメとして掲載して頂きました。
私と出来る女性スタッフも掲載。

ようやくせとうちの、小豆島の仲間として迎え入れられた気がします。

尚、このVol.10には弊店でもお世話になっている槙塚さんや、同じオリーブオイルソムリエで醤油ソムリエールとしても大活躍中の方が書いた醤油日記など多数おもしろい記事が掲載されています。

小豆島の大手書店では売り切れるほどの人気雑誌。書店へ急ぐべし!

 

2013-03-22 | 小豆島No Comments » 

 

1 / 212