小豆島

オリーブの絵

先週の金曜日から3日間、イズライフで行った
お店を営業しながら絵を描いてもらい、その様子を見て頂く「Live Painting

ついに本日完成致しました!!

20130422 1
その初日の様子。

なんだか絵文字の(-_-)のような顔に見える店内。

そして絵師岡村美紀さんが入り、イメージするオリーブの木の写真を渡すや否や

20130422 2
早速描き始めました。

思ったよりさっくり描き始める彼女に男気を感じたのはここだけの話(笑)

あれよあれよと描き進めていく岡村さん

20130422 3
ここまで約2時間。

私、この時点で鳥肌立ってました(感動で)

20130422 4
1日目終了時点の絵。

もうここで終わっても良いぐらいのクオリティ・・・

20130422 5
2日目

どんどんオリーブの葉っぱが描かれていきます。
若干飽き気味だった岡村さん(笑)

20130422 6
2日目終了時点の絵。

ここから何をどう付け足すのか、絵心の無い私にはさっぱりわからん程の完成度。

20130422 7
そして3日目。

もうほぼ完成!というところで所用により終了。
あとは細かな修正と片付けだけですが、急遽延長することに。

嫌な顔一つせず「明日も来ますよ!」と言って頂けるあたり作品への本気度を感じる。

20130422 8
延長戦の4日目。

この日は岡村さんが通われていた京都造形芸術大学の椿学科長とそのゼミの生徒さん達が急遽イズライフまで訪問下さりました。
岡村さんも在学時代は椿学科長のゼミで勉強していたそうで、先生と後輩さんたちに囲まれた岡村さん、すごく良い顔されていました。

そしてついに本日
SONY DSC
岡村さんの描いたオリーブの壁画が完成!

うちの小豆島産エキストラバージンオリーブオイルちゃんやグリーンレモンオリーブオイルちゃんたちと一緒に記念撮影に応じてくれた岡村さん。

4月から小豆島に引っ越ししてきて、小豆島に根を下ろしその活動をされ続けていかれます。

「デッサンや絵画教室を開いて子供達に絵を教えたい。そして小豆島から芸術家や絵描きさんがたくさん生まれてくれたら嬉しい。」
と話してくれた岡村さん。
若いながら凄くしっかりした考えをお持ちの方でただただ尊敬します。

そんな彼女の作品を鑑賞しにお気軽に店までお立ち寄り下さい(もちろん無料です)

あと、少し遊び心で「ハートのオリーブ葉」もこの絵に1枚描かれています。

20130422 10
早速、学校帰りのうちの息子達もハートオリーブを必死に探してます。

子供のほうが見つけるの早いのは純粋だからなのか?(笑)

おかげさまで3日とちょっとの間、たくさんの方にこのLive Paintingを見て頂きました。
本当にありがとうございました。

そして風が吹けば枝や葉っぱがそよめく様な生き生きとした、そして力強いオリーブの樹を描いてくれた岡村 美紀さんに心からの感謝を申し上げます。

本当にありがとーーーーー!!

2013-04-22 | 小豆島No Comments » 

 

Creator In Residence

春の瀬戸内国際芸術祭2013真っ最中の小豆島。
その一つCreator In Residence「ei」ではじめの10日間滞在してた

蓮沼 執太氏(作曲家)、後藤 武治氏(写真家)、作本 潤哉氏(ディレクター)の3名のクリエイター方。

現在、小豆島の坂手港にあるeiの1階展示場で、その滞在中の軌跡を展示してあるというので見学に行って来た。

hasunuma1
黒板に書かれた3名の名前。

hasunuma3
後藤さんが撮影されたであろう3名の写真(かっこいい!)

hasunuma2
滞在中に島の方達との交流で出来上がった楽器や写真等が展示されています。

と、その中には

hasunuma4

出ました!イズライフの店舗でも取り扱いさせて頂いている真砂喜之助製麺所さんの素麺たちも展示。

アニキさすが。

hasunuma5
と、言いつつグリーンレモンオリーブオイルちゃんもしっかりと展示して頂いてます。

実は3月に知人の紹介で「レモン畑に見学したい!」と3名がおっしゃったのがキッカケ。
むさ苦しい男4人でレモンのもぎたての香りに包まれた時間は至福の時でした(笑)

そしてその時の様子を

hasunuma6
後藤さん撮影して下さり、かっこ良く貼付け。

「おお!めっちゃかっこいいやん!!」と感動していた私。
ふと目線を変えると思わず2度見・・・

hasunuma7
「でかっ!!!」

左のドアを見て頂くとわかりますが、かなりでかく引き延ばされた私のレモン狩り写真が貼られている!!
ただでさえ顔でかい私、そのデカさに驚き、またこの展示に選択してくれた嬉しさに感動。

蓮沼さん、後藤さん、作本さん、本当に良い時間とご縁をありがとうございます!

小豆島、まった来ってねー!!

坂手港ではすっかりレモンな人な私です(笑)

2013-04-05 | 小豆島No Comments » 

 

せとうちに暮らし始めて丸8年が過ぎる。

私が小豆島に来て間もなく8年が過ぎようとしている。
9年めを迎えるせとうちでの暮らし。

2月のイズライフ、プレオープン後のある雨の日。
店先に自転車を止め、カメラにメモリーカードを入れるのを忘れた女性が一人ご来店。

その方はなんとあの
SONY DSC

せとうち暮らし」の編集長さんでした。

私は全く気づかずに話をしていたのですが、勤務中の女性スタッフがその方と気付き色々お話ししているうちに

「次回のせとうち暮らしでニューオープンのご紹介させて下さい!」ということに。

小豆島に住んでる人ならほとんど読んだ事があるであろうせとうち暮らしに掲載頂くなんて恐悦至極!
と良いながら速攻で「宜しく御願いします!!」とお答えしました。

その記事が

SONY DSC

こちら。

編集長、グリーンレモンオリーブオイルちゃんも購入頂き、おススメとして掲載して頂きました。
私と出来る女性スタッフも掲載。

ようやくせとうちの、小豆島の仲間として迎え入れられた気がします。

尚、このVol.10には弊店でもお世話になっている槙塚さんや、同じオリーブオイルソムリエで醤油ソムリエールとしても大活躍中の方が書いた醤油日記など多数おもしろい記事が掲載されています。

小豆島の大手書店では売り切れるほどの人気雑誌。書店へ急ぐべし!

 

2013-03-22 | 小豆島No Comments » 

 

バス、小豆島に来て一度も乗った事が無い。。。

店番をしていると目の前に通る車をよく見る。
知り合いが「にたり」と笑いながら通る姿を何度見た事だろう。。。

オリーブ通り(大阪で言うと御堂筋)という通りにあるイズライフ。
ちょうど店前に「合同庁舎前」というバス停があるのだが、ほとんどバスの姿を見た事がなかったので時刻表を見に行ってみると、、、

20130308
驚異的な本数!!
そりゃあまり見る事がないはずだわ。。。

と、この写真をTwitterやFacebookで公開して数分後、まるで私の投稿を見ていたかの様に
2人組の男女がバス停でごそごそ

20130308 3

3月20日から始まる瀬戸内国際芸術祭にあわせてバス本数の大幅増便!!
これは有り難い事です。
「土庄港平和の群像前」とは小豆島の土庄(とのしょう)港行きということです。

20130308 4

初めのバスの時刻表と合わせて掲示されてあるという事は、8本純増ということでしょうね。
ま、それでも1時間に1本ですが。。。

もしこちらで降りてバス乗り遅れた方がいらっしゃれば先着2名ですが20130308 2

店先に置いてあるこちらのベンチでごゆるりして下さいませ。

それにしても、私が小豆島にきてから8年が過ぎようとしているのですが、こっちでバス乗った事が無い。。。
可愛い女性がたくさん乗ったバスを見ると乗ってしまいそうだ。

 

2013-03-08 | 小豆島No Comments » 

 

オリーブ通り

昨日のプレオープン。

たくさんの方々にご来店いただき改めてこの場でお礼申し上げます。

ありがとうございます。

 

この店舗をオープンさせた場所の通りが「オリーブ通り」という名のストリート。

街路樹としてオリーブの木が植わっています。

ori-butoori

 

写真左が弊店なのですが、このお隣さんは「パンセ」という名のお花屋さん。

そしてそのお隣さんが「GREEN HORN」という名の革製品屋さん。

小豆島では珍しい(?)おしゃれスポットと化しています。

昨日この前を通りかかった地元の女子高生が「なんか街みたい!」と叫んでいたそうな(笑)

地元の人たちに喜んでもらえる並びに加えて頂けたのは嬉しいですね。

 

そんなお隣のパンセさんが

IMG_0709

 

持って来てくれた花とオリーブオイルのセット。

昨日弊店でカリフォルニアのチョコフレーバーのオイル(青い紙で巻かれているのがそれ)を購入頂いたお客さんがその足でパンセさんに立ち寄り贈り物としてセッティングされたようです。

花とオリーブオイルってなんかオッシャレー!!

こうして店と店が繋がって「プチ」ショッピングモールを形成できていけばいいな。

 

今オリーブ通りがあつい!!

 

2013-02-15 | 小豆島No Comments » 

 

2 / 212